ブログtop > カテゴリ - シロサイ

雨中のシロサイ

雨中のシロサイ

雨の中のシロサイ (White Rhinoceros / Ceratotherium simum)。アフリカにはシロサイとクロサイが居るのですが、名前の付け方がとてもいい加減です。体色はどちらも似たようなもので、シロサイの方が白いというわけではありません。写真を見て頂くと分かると思いますが、シロサイの口は横に長い形をしています。そこで付けられた名前がWide-mouthed Rhinocerosだったのですが、いつの間にかWideが訛ってWhiteに、mouthedが取れてWhite Rhinocerosに、片方がWhiteだからもう片割れはBlack Rhinocerosだ、そして和名はその直訳というわけです。ちなみにクロサイはちょっとした象の鼻のような、良く動く逆三角形の上唇をしています。ケニアのシロサイは密猟により一度絶滅しており、現在みられるのは南アフリカより移入、定着した個体群です。写真のサイには耳に切れ込みがありますが、これは個体識別用につけられた印です。本当なら野生のサイに人工的な傷はつけたくありませんが、密猟者が虎視眈々と狙っている現状では致し方ありませんね。

カメラ: Pentax K-5
レンズ: DA☆300mm F4.0
絞り:  F4.0
露出時間: 1/320 sec
ISO感度: 6400


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > カテゴリ - シロサイ

シロサイの親子

シロサイの親子

シロサイ(Ceratotherium simum)の親子。角がとても長いですね。以前ナイロビ国立公園に行ったとき、ゲート前に実物大のサイのブロンズ像があって、その角があまりに長いので、「こんな角の長いサイ居ないよ(笑)」とバカにしていたら、ナクル湖にはその像よりさらに角の長いサイが普通に居ました(笑)。逆に日本の動物園のサイはどうして角が短いんでしょう?ちなみにこの写真、この大きさでは分かりませんが完全にピンボケです。望遠レンズで小さく写っている被写体に完全にピントを合わせるのは難しいですね。ファインダーでは全然わかりません。

カメラ: Pentax K-x
レンズ: FA77mm F1.8 Limited
絞り:  F3.2
露出時間: 1/125 sec
ISO感度: 400

アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > カテゴリ - シロサイ

ナクル湖のシロサイ

シロサイ

ナクル湖畔に佇むシロサイ。サイはゾウと並び密猟による圧力を最も強く受けている動物です。密猟者の目当てはもちろんその立派な角です。角は漢方薬(強壮剤)として用いられますが,その薬理効果は科学的に立証されていません。平たく言えば迷信に過ぎないのですが,アジア、特に中国での需要の高まりを受けて、その重量あたりの末端価格は今や軽く金を越えます。私の所属するケニア野生生物公社(KWS)の一番重要な仕事が,これら密猟者から野生動物を守ることです。レンジャーの武器は主にAKー47などの自動小銃ですが,チャイナマネーの支援を受けた密猟者集団は重機関銃で武装したヘリコプターなど、より強力な武器を用いており,戦況は思わしくないようです。戦死者も多数出ています。現在日本で象牙や犀角を見ることは殆どありませんが,もし見かけることがあれば、彼らを守るために文字通り命がけで戦っている戦士達の事を思い出してください。

撮影データ
カメラ: Pentax K-5
レンズ: DA☆300mm F4.0
絞り:  F4.0
露出時間: 1/320 sec
ISO感度: 3200

profile

福井智一

Author:福井智一
ケニアにて野生生物保護の仕事をしていました。
日本においてもアフリカの野生動物を守る活動を続けていこうと考えています。
ケニア各地で撮影した写真を通じて、アフリカの大自然の魅力をお伝えします。
画像の無断転載は固くお断りします。ご利用になりたい方はコメント欄より連絡お願いします。
本ブログはリンクフリーです。リンクはご自由にどうぞ。
本ブログに掲載された写真を販売しています。下のバナーからどうぞ。

SDIM0741-1.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ

↑ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると励みになります。

freearea

category
未分類 (1)
ゾウ (14)
マサイキリン (8)
ペリカン (3)
バッファロー (2)
セーブル (3)
サバンナモンキー (3)
フラミンゴ (2)
ライオン (13)
イボイノシシ (4)
シマウマ (6)
カバ (3)
ハイエナ (3)
ハイラックス (2)
シロサイ (3)
カワセミ (8)
エランド (1)
ハタオリドリ (6)
ジャッカル (1)
ハーテビースト (1)
クロシロコロブス (3)
トムソンガゼル (1)
アガマ (2)
風景 (4)
ウォーターバック (2)
ディクディク (2)
ブルーモンキー (1)
ダチョウ (3)
チーター (3)
ヌー (5)
海洋生物 (7)
昆虫 (9)
ワニ (1)
サギ (4)
ヒョウ (2)
インパラ (3)
ワシ・タカ (23)
グラントガゼル (2)
マングース (4)
鳥:その他 (1)
ウガンダキリン (2)
トピ (1)
カンムリヅル (3)
ハチクイ (9)
リス (4)
ムクドリ (5)
ブッシュバック (1)
オオトカゲ (3)
トカゲ:その他 (4)
サバンナヒヒ (2)
ブッポウソウ (3)
ノガン (1)
オウチュウ (1)
フィンチ (10)
キツツキ (1)
コウノトリ (5)
ヘビ (3)
トキ (1)
サイチョウ (7)
モズ (1)
ウミガメ (1)
タイヨウチョウ (7)
ケリ (3)
フクロウ (3)
セキレイ (3)
ツグミ (1)
ネズミドリ (1)
アマツバメ (1)
スズメ (1)
キヌバネドリ (2)
ヒタキ (2)
ガン・カモ (2)
セッカ (1)
オオミミギツネ (2)
ホロホロチョウ (2)
カメレオン (1)
ヤブモズ (4)
サーバル (1)
リードバック (1)
クドゥ (2)
ゲレヌク (1)
インコ・オウム (1)
エボシドリ (1)
ハト (1)
レンカク (1)
ゴシキドリ (4)
ムシクイ (2)
ウサギ (1)
オリックス (1)
ハヤブサ (3)
リクガメ (1)
シャコ・ウズラ (1)
アミメキリン (1)
カッコウ・バンケン (1)
ツバメ (1)
サケイ (1)
ネズミ (1)
ヒバリ (1)
カモメ (2)
シギ・チドリ (1)
モリイノシシ (1)
ジャコウネコ (1)
クリップスプリンガー (1)
クイナ (1)
クロサイ (1)
entry
comment
trackback
archive
rss
form
link
qrcode
QR
copyright
Author by 福井智一

Designed by マンゴスチンw

アフリカで野生動物を撮る