ブログtop > カテゴリ - フィンチ

ニシキスズメ

ニシキスズメ

東ツァボ国立公園のニシキスズメ雌(Green-Winged Pytilia / Pytilia melba)。雄は顔から胸にかけて鮮やかな赤からオレンジのグラデーションになります。このニシキスズメ、ホウオウジャクから托卵のターゲットになっている種なのですが、不思議なことにホウオウジャクはツァボ周辺でかなり普通に見かける一方で、ニシキスズメは今回初めて観察されました。托卵される側の方が遥かに少ない個体数だとは考えにくいので、恐らくニシキスズメは位置や時間などの理由で人目に付きにくいのでしょう。

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > カテゴリ - フィンチ

ホウオウジャク

ホウオウジャク

 東ツァボ国立公園のホウオウジャク(鳳凰雀 / Eastern Paradise Whydah / Vidua paradisaea)のカップル。例によって尾の長い方が雄ですが、繁殖期以外は雌雄の見分けは殆ど付かないそうです。このホウオウジャク、カッコウなどと同様に託卵をすることが知られています。託卵のターゲットにされるのは、ホウオウジャクと同じフィンチの仲間であるニシキスズメです。雄のホウオウジャクはニシキスズメの鳴き声をまね、引き付けている間に託卵するようです。ホウオウジャクの雛はニシキスズメの雛より激しくアピールすることで、優先的に餌にありつき早く成長する事が出来ます。


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > カテゴリ - フィンチ

イッコウチョウ

イッコウチョウ

東ツァボ国立公園に向かう道中のお土産屋の軒先に沢山居たフィンチ、イッコウチョウ(一紅鳥 / Cut-throat Finch / Amadina fasciata)。名前の通り、喉に赤い一文字の模様があるのがオス、無いのがメスです。ズグロハタオリと一緒に一本の木に集合住宅を作っていました。しかしこのフィンチ、例によって和名は雅ですが、英名がヒドイ。「喉切りフィンチ」ですよ。意味は分かるけどさぁ・・・。
話は変わりますが、最近リファレンスに何を使っているのか良く訊かれます。私が愛用している鳥図鑑は、"Birds of East Africa"、哺乳類図鑑は"African Mammals"、爬虫類図鑑は、"Reptiles and Amphibians of East Africa"です。哺乳類の行動については、"The Behavior Guide to African Mammals"を使っています。この哺乳類の行動に関する本は学術書としてだけでなく、読み物としても一級品の面白さです。英語なのでヘヴィですが、興味のある方は是非チャレンジしてみてください。

カメラ: Pentax K-5
レンズ: DA☆300mm F4.0
絞り:  F5.6
露出時間: 1/400 sec
ISO感度: 400


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。



ブログtop > カテゴリ - フィンチ

セイキチョウの水浴び

セイキチョウの水浴び

三度目の登場、セイキチョウ(青輝鳥 / Red-cheeked Cordon Bleu / Uraeginthus bengalus)。このセイキチョウ、小さくて余り目立たないですが、鳴き声を覚えてしまうと本当にそこらじゅうに居ることに気付かされます。街にも森にもサバンナにも、本当に何処にでもいます。すごい適応力ですね。こんな何処にでも居る鳥は、セイキチョウのほかにはアフリカヒヨドリくらいです。写真は職場の水場で水浴びをしているところです。本人にそのつもりはないでしょうが、人に媚びているとしか思えない可愛さです。

セイキチョウの水浴び

セイキチョウの水浴び



アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。



ブログtop > カテゴリ - フィンチ

オオカナリア

オオカナリア

マサイマラからナイロビに帰る途中のお土産屋の庭で出会ったオオカナリア(Brimstone Canary /Serinus sulphuratus)。「炭鉱のカナリア」の逸話のせいか、カナリアと言うとひ弱なイメージがありますが、このオオカナリアは野生種らしく顔つきも凛々しいですね。

カメラ: Pentax K-5
レンズ: DA☆300mm F4.0
絞り:  F5.0
露出時間: 1/800 sec
ISO感度: 200



アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

profile

福井智一

Author:福井智一
ケニアにて野生生物保護の仕事をしていました。
日本においてもアフリカの野生動物を守る活動を続けていこうと考えています。
ケニア各地で撮影した写真を通じて、アフリカの大自然の魅力をお伝えします。
画像の無断転載は固くお断りします。ご利用になりたい方はコメント欄より連絡お願いします。
本ブログはリンクフリーです。リンクはご自由にどうぞ。
本ブログに掲載された写真を販売しています。下のバナーからどうぞ。

SDIM0741-1.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ

↑ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると励みになります。

freearea

category
未分類 (1)
ゾウ (14)
マサイキリン (8)
ペリカン (3)
バッファロー (2)
セーブル (3)
サバンナモンキー (3)
フラミンゴ (2)
ライオン (13)
イボイノシシ (4)
シマウマ (6)
カバ (3)
ハイエナ (3)
ハイラックス (2)
シロサイ (3)
カワセミ (8)
エランド (1)
ハタオリドリ (6)
ジャッカル (1)
ハーテビースト (1)
クロシロコロブス (3)
トムソンガゼル (1)
アガマ (2)
風景 (4)
ウォーターバック (2)
ディクディク (2)
ブルーモンキー (1)
ダチョウ (3)
チーター (3)
ヌー (5)
海洋生物 (7)
昆虫 (9)
ワニ (1)
サギ (4)
ヒョウ (2)
インパラ (3)
ワシ・タカ (23)
グラントガゼル (2)
マングース (4)
鳥:その他 (1)
ウガンダキリン (2)
トピ (1)
カンムリヅル (3)
ハチクイ (9)
リス (4)
ムクドリ (5)
ブッシュバック (1)
オオトカゲ (3)
トカゲ:その他 (4)
サバンナヒヒ (2)
ブッポウソウ (3)
ノガン (1)
オウチュウ (1)
フィンチ (10)
キツツキ (1)
コウノトリ (5)
ヘビ (3)
トキ (1)
サイチョウ (7)
モズ (1)
ウミガメ (1)
タイヨウチョウ (7)
ケリ (3)
フクロウ (3)
セキレイ (3)
ツグミ (1)
ネズミドリ (1)
アマツバメ (1)
スズメ (1)
キヌバネドリ (2)
ヒタキ (2)
ガン・カモ (2)
セッカ (1)
オオミミギツネ (2)
ホロホロチョウ (2)
カメレオン (1)
ヤブモズ (4)
サーバル (1)
リードバック (1)
クドゥ (2)
ゲレヌク (1)
インコ・オウム (1)
エボシドリ (1)
ハト (1)
レンカク (1)
ゴシキドリ (4)
ムシクイ (2)
ウサギ (1)
オリックス (1)
ハヤブサ (3)
リクガメ (1)
シャコ・ウズラ (1)
アミメキリン (1)
カッコウ・バンケン (1)
ツバメ (1)
サケイ (1)
ネズミ (1)
ヒバリ (1)
カモメ (2)
シギ・チドリ (1)
モリイノシシ (1)
ジャコウネコ (1)
クリップスプリンガー (1)
クイナ (1)
クロサイ (1)
entry
comment
trackback
archive
rss
form
link
qrcode
QR
copyright
Author by 福井智一

Designed by マンゴスチンw

アフリカで野生動物を撮る