ブログtop > アーカイブ - 2012-09-

ハタオリドリの高層アパート

ハタオリドリの高層アパート

ハタオリドリの一種、ズグロハタオリ(Black-Headed Weaver / Ploceus cucullatus)の巣。池の島に立つ20m程の高さの枯れ木を高層アパートの様にしています。今は子育てのシーズンで、とても賑やかです。

カメラ: Pentax K-5
レンズ: DA☆300mm F4.0
絞り:  F8.0
露出時間: 1/400 sec
ISO感度: 400


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2012-09-

珊瑚礁の恵み

魚群

モンバサ海洋国立公園、珊瑚礁の周りを泳ぐ魚群。左上に沢山居る背側が黄色く黒い斑点のある魚がBlack-Spotted Sweetlip、真ん中の縞模様の魚がオヤビッチャ(Sargent Major / Abudefduf vaigiensis)、右下の胸鰭の赤い魚がヒメフエダイ(Red Snapper /Lutjanus gibbus)です。ヒメフエダイはモンバサの日本料理店ではタイとして売られていますが、味は鯛に負けず劣らず美味です。海洋国立公園内は完全禁漁ですが、珊瑚礁は地元の漁業資源を支えています。


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2012-09-

アフリカトキコウとアフリカヘラサギ

トキイロコウとヘラサギ

ナクル湖のトキイロコウ(アフリカトキコウ / Yellow-Billed Stork / Mycteria ibis)と、アフリカヘラサギ(African Spoonbill / Platalea alba)。真ん中の翼の端が黒い鳥がトキイロコウ、真っ白で嘴の先端が丸い鳥がアフリカヘラサギです。ややこしい話ですが、トキイロコウはトキっぽい姿のコウノトリの仲間で、ヘラサギはサギという名が付いていますが、サギではなくトキの仲間です。ナクル湖は水鳥の楽園です。

カメラ: Pentax K-5
レンズ: DA☆300mm F4.0
絞り:  F5.0
露出時間: 1/400 sec
ISO感度: 400


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2012-09-

キリンと過ごしたひと時

SDIM0284web.jpg

毎度おなじみナイバシャのマサイキリン(Masai Giraffe / Giraffa camelopardalis tippelskirchi)。この写真、カメラやる人にしか分からなくて恐縮ですが、広角28mmで撮ったものです。要はあと数歩で触れるほどの距離です。ビックリさせないように、よく見える方向から声を掛けながら少しずつ近寄りました。心が通じるはずはないですが、ただすぐ近くに居る事は許してくれました。野生のキリンと過ごしたこの不思議な時間を忘れることは無いでしょう。

カメラ: SIGMA DP1s
レンズ: 16.6mm F4.0
絞り:  F7.1
露出時間: 1/125 sec
ISO感度: 100


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2012-09-

セキレイ特集

セキレイの仲間を集めてみました。スズメ位の大きさで、長い尾羽が特徴です。鳴き声が美しく、尾羽を上下に振る様子がとてもチャーミングな鳥です。

African Pied Wagtail

↑ハジロハクセキレイ (African Pied Wagtail / Motacilla aguimp) アフリカの固有種。職場の事務所の周りに沢山います。

Yellow Wagtail

↑ツメナガセキレイ(Yellow Wagtail / Motacilla flava) アフリカ以外にもユーラシア大陸、アラスカ、インドネシア、日本にも居ます。亜種が沢山。これはM.f.beema

Citrine Wagtail

↑キガシラセキレイ (Citrine Wagtail / Motacilla citreola) ロシアやヒマラヤなどのユーラシアの寒い地方から越冬に来る鳥、なのですが、撮影したのは9月1日。他に当てはまる種も見当たらないし、どういうことなんでしょう?


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2012-09-

空から見たアフリカゾウ

空から見たゾウ

シンバヒルズ国立保護区のアフリカゾウ(African elephant / Loxodonta africana)。よく見ると、こめかみから頬にかけて濡れているのがわかります。これはこめかみの腺から液体が分泌されているためです。機能はよく分かっていないそうですが、興奮したり怯えたりしたときに分泌されます。ヘリコプターにビックリしたのならごめんなさいね。遊びじゃないので勘弁してね。

カメラ: Pentax K-5
レンズ: DA☆300mm F4.0
絞り:  F4.0
露出時間: 1/4000 sec
ISO感度: 800


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2012-09-

アフリカヒナフクロウ

アフリカヒナフクロウ幼鳥

アフリカヒナフクロウ(African Wood Owl / Strix woodfordii)。雛梟ってのも変な名前ですが、そのヒナフクロウの雛↑と親鳥↓です。30~36cmほどの中型のフクロウで、主に昆虫を捕食しますが、小型の爬虫類、哺乳類、鳥類も捕食します。絶滅危惧種には指定されていないようで、日本のペットショップでも手に入るようです。

アフリカヒナフクロウ


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2012-09-

コウギョクチョウ

コウギョクチョウ1

コウギョクチョウ(紅玉鳥 / Red-billed Firefinch / Lagonosticta senegala)。前述のセイキチョウよりさらに一回り小さい、体長9cmほどのミニサイズのフィンチです。殆どのパソコンで実物より写真のほうが大きいでしょうね。セイキチョウ同様草の種を主な食料にしており、しばしばセイキチョウと同じ場所で観察されます。

コウギョクチョウ2

コウギョクチョウ3


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2012-09-

オニアオサギ

オニアオサギ

オニアオサギ(Goliath Helon / Ardea goliath)。名前に違わない大きなサギで、体長140cmにもなります。首から胸にかけての飾り羽がとてもゴージャスです。英名と学名の「ゴリアテ(ゴライアス)」は旧約聖書に出てくる巨人の名前で、「天空の城ラピュタ」に出てくる飛行戦艦の名前にも使われていますね。ちなみにこの鳥が止まっている木は、以前アオサギが止まっていたのと同じ木です。比べてみれば大きさの違いが良く分かりますね。

カメラ: Pentax K-5
レンズ: DA☆300mm F4.0
絞り:  F4.0
露出時間: 1/400 sec
ISO感度: 400


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2012-09-

キリンと空と果てしない大地

キリンと空と果てしない大地

キリンと空と果てしない大地。キリンは草は食べないのに、どうしてこんなだだっ広い所にいるんだろう。見晴らしの良さを生かして、天敵を遠くから見つけるためだろうか。それともただ、この丘を吹きすさぶ風を感じたかったからなのだろうか。

カメラ: Pentax K-x
レンズ: FA35mm F2.0
絞り:  F9.0
露出時間: 1/1000 sec
ISO感度: 400


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2012-09-

キシテ海洋国立公園の珊瑚礁

キシテ1

キシテ海洋国立公園の珊瑚礁。生き物に詳しい人には常識かもしれませんが、サンゴは実は植物ではなくて動物です。クラゲやイソギンチャクと同じ、刺胞動物に含まれる、ポリプと呼ばれる数ミリの小さなイソギンチャク様の生き物がサンゴの本体です。このポリプが数万、数百万の巨大な群体を形成したものがサンゴです。サンゴは海水中の二酸化炭素をカルシウム塩として固定し、石灰岩の骨格を作ります。珊瑚礁というのは、サンゴの骨格が数百万年かかって作り出した、石灰岩の構造体のことです。

一般に海洋は、陸の森林や草原に比べ生産量(面積当たりの生き物を養えるエネルギーの量、すなわち光合成量)が、遥かに少ないのですが、珊瑚礁は海洋としては例外的に熱帯雨林に匹敵するほどの生産量を誇ります。圧倒的な生産量と、様々な形のサンゴが生み出す多様な環境が、色とりどりの様々な生き物が暮らすことを可能にしています。

キシテ2

しかし不思議ではありませんか?珊瑚礁はもちろんサンゴに覆われています。海草・海藻も生えてはいますが、まばらです。しかし上述したようにサンゴは動物なので、光合成はできません。透明度の高い水は、水中の植物プランクトンの量がとても少ないことを示しています。では一体誰が熱帯雨林にも匹敵するという珊瑚礁のエネルギー生産を担っているのでしょうか?

答えはサンゴの体の中にあります。珊瑚礁を形成する造礁サンゴは、ポリプの中に褐虫藻と呼ばれる小さな藻類(植物)を共生させています。この褐虫藻が光合成を行い、エネルギーの一部をサンゴに分け与えています。一方でサンゴは褐虫藻に栄養塩類(肥料分)や二酸化炭素を供給しています。褐虫藻は十分な日の光と潤沢に供給される栄養塩類のおかげで、非常に高効率で光合成を行うことが出来るのです。また、褐虫藻が共生しているのはサンゴだけではありません。クマノミが共生していることで有名な大型のイソギンチャクや、「ビーナスの誕生」で有名な巨大なシャコガイの外套膜にも褐虫藻が共生し、珊瑚礁の生態系を底辺から支えています。珊瑚礁は無数の生き物が互いに支えあうことによって、他に類を見ない複雑で豊かな生態系を形作っているのです。


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2012-09-

ケリ特集

シロクロゲリ飛翔

小鳥にしては大きすぎ、水鳥にしてはパッとしない、ちょいと地味な存在のケリ(鳧)の仲間を集めてみました。いずれも25~30cm程の大きさで、水辺で小動物を捕らえて食べています。いずれもナイバシャ湖畔にて撮影。
↑↓シロクロゲリ(Blacksmith Lapwing / Vanellus armatus)

シロクロゲリ


ツメバゲリ

↑ツメバゲリ(Spur-winged Lapwing / Vanellus spinosus)


オウカンゲリ

↑オウカンゲリ(Crowned Lapwing / Vanellus coronatus)


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2012-09-

セイキチョウ再登場

セイキチョウ1

青い空飛ぶピカチュウ、セイキチョウ(青輝鳥 / Red-cheeked Cordon Bleu / Uraeginthus bengalus)に再び遭遇。英名のCordon Bleuがフランス語という、良く分からないけど名前もお洒落なヤツです。辞書で“Cordon bleu”を調べると、1)青綬章、ブルボン王朝の最高勲章 2)大家、名人、一流の料理人 とあります。ずいぶん大層な名前を付けて貰ったんですね。

セイキチョウ2

セイキチョウ3


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2012-09-

キバラコバシタイヨウチョウ

タイヨウチョウ1

キバラコバシタイヨウチョウ (Collared Sunbird / Hedydipna collaris)。タイヨウチョウは南米のハチドリに相当する生態的地位を占める、とても小さく宝石のように美しい鳥です。花の蜜を主食としていますが、昆虫などの小動物も食べます。ハチドリ同様ホバリングも出来ますが、ハチドリほど得意ではありません。ハチドリと見た目も生態も似ていますが、ハチドリはアマツバメ目、タイヨウチョウはスズメ目で、系統的には無関係です。収斂進化というやつですね。写真は昨日職場の庭のハイビスカスの蜜を吸いに来たところを撮影しました。本種はそれほど珍しいわけではないのですが、とても小さく動きがすばやいのでなかなか大きく写すことは出来ませんでした。今回は常に携帯しているサブカメラと普及ズームで大きく写すことに成功しました。メインのサンヨン(300mmF4)ならもっと色気のある感じに写せたのですが、毎日持ち歩くわけにも行かないし、撮れただけでも良しとしましょう。

タイヨウチョウ2

英名のCollared Sunbirdの通り、胸に襟のような紫の模様があります。

タイヨウチョウ3

車のバックミラーにて。


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2012-09-

アオウミガメ

アオウミガメ

キシテ海洋国立公園のアオウミガメ(Green turtle / Chelonia mydas)。ウミガメの仲間は全部で七種(アオウミガメ・アカウミガメ・タイマイ・ヒメウミガメ・ケンプヒメウミガメ・ヒラタウミガメ・オサガメ)全て絶滅危惧種の扱いとなっています。中でもアオウミガメは美味とされ、以前より食用にされてきました。美味と言っても鶏肉と同じ程度に、ということらしいですが。ウミガメは人間が触れれば命が無いほどの猛毒を持つハコクラゲさえも平気で食べることで知られていますが、このアオウミガメはクラゲよりもむしろ海草を主食としています。

一般にあまり知られていないことですが、ウミガメを含む稀少な海洋生物を圧迫している最も大きい要因は、積極的な密漁よりもむしろ中層トロール漁など、大規模漁業による混獲です。自由の女神を丸ごと飲み込める程の巨大な網で海をさらう事により、本来の漁獲対象ではない生き物(海獣・海鳥・ウミガメ類を含む)まで根こそぎ漁獲してしまいます。商品価値の無い生き物は海中に投棄されますが、その殆どは死んでしまいます。混獲で投棄される魚介類の量は全世界で年間数千万トンにも及びます。混獲の比率も私たちの想像を遥かに超える量で、例えばメキシコ湾のエビ漁では、エビ1kgの漁獲に対し、キンメダイ稚魚が4.2kgも混獲投棄されています。世界全体でも漁獲の四分の一は混獲として投棄されているということです。

カメラ: Pentax K-x
レンズ: FA50mmF2.8 macro
絞り:  F7.1
露出時間: 1/320 sec
ISO感度: 200

アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2012-09-

マサイマラのライラックニシブッポウソウ

ライラックニシブッポウソウ

リクエストに応えてのライラックニシブッポウソウ(Lilac-breasted Roller / Coracias caudate)再登場です。前回はナクルでしたが、今回はマサイマラで撮った写真です。こんな目立つ格好をしている割に、どうもこの鳥はあまり警戒心は強くないようで、この写真を撮ったときはサファリカーから3mくらいまで近づくことが出来ました。昨日のモズの写真を初め、小鳥の写真の多くは全体から一部分を切り抜いたものをお見せしていますが、今日の写真は切り抜き無しです。ちなみにこの写真の一部を切り抜いたのが下の写真です。どの部分か分かりますか?

ライラックニシブッポウソウ拡大

カメラ: Pentax K-5
レンズ: DA☆300mm F4.0
絞り:  F5.6
露出時間: 1/1250 sec
ISO感度: 400

アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2012-09-

モズ特集

モズの仲間たち。モズは日本でも馴染みの肉食の鳥で、昆虫や小さなトカゲ、カエルなどを捕らえて食べます。モズと言えば、捕らえた獲物を木の枝に突き刺したり挟んだりする「はやにえ(早贄)」が有名ですが、モズのはやにえは日本のモズだけでなく、モズ科の多くの鳥が行う行動です。なぜモズの仲間が「はやにえ」をやるのか、実のところその理由は良く分かっていないそうです。貯蔵食にしているというのが分かりやすい説明ですが、実は「はやにえ」にした獲物を後で食べに来ることはあまり多くないらしいのです。「はやにえ」にされて食べられもしない動物はちょっと気の毒ですが、私達人間も相当な食べ物を無駄にしているので偉そうには言えません。

Common fiscal
↑カタジロオナガモズ (Common Fiscal / Lanius collaris)。ナイバシャ湖畔にて。英語名は「普通モズ」。

Grey-Backed Fiscal
↑ハグロオナガモズ (Grey-backed Fiscal / Lanius excubitoroides)。ナイバシャ湖畔にて。

Long-Tailed Fiscal
↑オグロオナガモズ (Long-tailed Fiscal / Lanius cabanisi)。ナイロビ国立公園にて。陽炎のせいで解像度が落ちてしまっています。

Retz's Helmetshrike
↑アカメメガネモズ, (Retz's Helmet Shrike / Prionops retzii)。シンバヒルズ国立保護区にて。
虫を咥えている珍鳥メガネモズ。メガネモズの仲間はモズ科ではなくメガネモズ科に分類されます。


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2012-09-

ライオンの子殺しの理由

雄ライオンとゾウ

「ライオンの子殺し」という言葉をご存知でしょうか。

 ライオン(Panthera leo)の繁殖は所謂ハーレム(ライオンでは『プライド』と呼ぶ)制で、通常1~2頭(最大で7頭)の成熟したオスを中心に2~18頭の大人のメス、若いオス、子供を含む約40頭の群れを形成しています。プライドの構成員が一箇所に固まることは稀で、通常小さなグループに分かれて行動しています。

 交尾をする権利があるのは当然大人のオスのみで、交尾以外のオスの仕事は挑戦者オスや他プライドのライオンやハイエナなどからのプライドの防衛、バッファローなどの大型の獲物を狩る場合の応援などです。良く知られるように普段は天敵も居らず、狩りもしないのでゴロゴロとしています。

 若いオスはある程度の年齢になるとプライドを出てゆき、武者修行の時代に入ります。このとき、通常血縁関係の数頭のグループで行動することになります。やがて充分に自信を付ける事が出来たオスは、いずれかのプライドのオスに挑戦することになります。挑戦者、王者ともに一頭とは限りません。従って数が少ないと不利になります。挑戦者としては味方が多いほうが戦いには有利ですが、プライドを乗っ取った後の旨みは当然薄くなるので、そこはジレンマとなります。

 見事挑戦者が勝利し、プライドを乗っ取った場合、まず最初に新王者がやることは、1歳未満の群れの子供を皆殺しにすることです。新王者の子殺しを母ライオンは必ずしも黙って受け入れるわけではなく、時には雄ライオンに必死の抵抗を試みたり、子供を見つからない場所に隠したりします。しかしながら母ライオンの抵抗が実を結ぶことは殆ど無く、場合によっては母子共に殺されてしまいます。

 野生動物の行動に人間の倫理観を当てはめることは無意味ですが、なぜこのような残酷なことをしなくてはならないのでしょうか?それには闘いに生きるライオンのオスならではの切実な理由があります。

 ライオンの雌は、通常二年に一度のペースで子供を産みます。そして子供が一歳半を過ぎるまではオスを受け入れることはありません。ですが子供が死んでしまうとすぐにオスを受け入れて懐妊します。オスは子供を殺さない限り、すぐに子作りをすることが出来ません。

 では次の発情期まで待つことが出来ないのでしょうか?それはできません。プライドを乗っ取ったらすぐに交尾をしなくてはならない理由、それは王座の保持期間です。通常プライドの王座の保持期間は二年未満、雄ライオンの全盛期は五歳から六歳、そして一度王座を陥落した雄ライオンが再びプライドの王に返り咲くケースは極めて稀です。すなわちオスはプライドを手に入れ次第、一分一秒でも早く子供を作り、自分の王座が陥落するまでの間に、子供たちに成長してもらわなくてはならないのです。自分の子供が「子殺し」の対象年齢を過ぎるまでは、まさに命懸けでプライドを守らなければなりません。そして王座返り咲きがほぼ不可能な以上、オスにとってプライドを奪取した瞬間のみがまさに一生に一度の繁殖のチャンスなのです。これが雄ライオンが前王者の子供を殺さなければならない理由です。

 王座を陥落したあとの雄ライオンの末路は哀れです。ある者は闘いで命を落とし、生き延びたとしてもその後の運命は非常に厳しいものがあります。立派なたてがみと筋骨隆々の肉体はハンティングに向かず、力が衰えるにつれ若雄ライオンの腕試しやハイエナの襲撃にさらされ、最後には力尽きて死んでゆきます。動物園では二十年以上生きる事もありますが、雄ライオンが野生で十年以上生きることは稀な事です。

 まさに闘う為に生まれてきたような雄ライオン、彼らの凄絶な生涯を思えば、ゴロゴロと寛いでいる彼らの顔も違って見えるのではないでしょうか。

この写真はこちらから購入できます。

カメラ: Pentax K-x
レンズ: FA77mm F1.8 Limited
絞り:  F8.0
露出時間: 1/800 sec
ISO感度: 400




にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2012-09-

母親に甘える子象

母親に甘える子象

母親に甘える子象。ゾウの寿命は約60年。大人になるまでに約10年。ゾウのライフスパンに対し、彼らをめぐる状況の変化は余りにも早い。そして変化は悪い方向へ向かっている。減少する生息環境、急拡大する象牙マーケット、組織化・重武装化が著しい密猟者集団。この子が大人になったとき、その目には何が映っているだろうか。
アンボセリ国立公園にて。

カメラ: Pentax K-5
レンズ: DA☆300mm F4.0
絞り:  F5.0
露出時間: 1/400 sec
ISO感度: 200


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2012-09-

イボちゃんズ

イボちゃんズ

戦隊ヒーロー気取り?のイボイノシシ(Warthog / Phacochoerus aethiopicus)。イボイノシシは尾をピンと立てて逃げながら、時々立ち止まってクルッとこっちを見る癖があり、コミカルな動きと姿で「イボちゃん」の愛称で親しまれています。

カメラ: Pentax K-5
レンズ: DA☆300mm F4.0
絞り:  F5.0
露出時間: 1/800 sec
ISO感度: 200


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2012-09-

ギンガオサイチョウ

ギンガオサイチョウ1

ギンガオサイチョウ(Silver-Cheeked Hornbill / Bycanistes brevis)。サイチョウは漢字で書くと犀鳥。サイの角のような飾りが嘴の上に付いているからだそうです。この飾り、見た目はとても重そうですが、中身はスカスカで軽いそうです。比較的レアな鳥ですが、鳴き声がとても騒がしいので近づいてくればすぐに分かります。食性は植物食傾向の強い雑食です。上二枚の写真はタンザニア国境の沿岸の村、シモニの森で撮影。野生のイチジクの木に群がっていました。この木はさながら森のレストランのようで、サイチョウのほかにブルーモンキー、イエローバブーン、リスなどが集まっていました。ちなみに野生のイチジクの実にはイチジクコバチという共生昆虫が必ず居ます。受粉の手助けをする代わりに住まいと食料を提供してもらうという典型的な双利共生関係で、イチジク一種とイチジクコバチ一種のペアが一対一の関係で成り立っています。最近の研究で進化系統樹も見事に一致することが分かっています。ちなみに市場に出回っている栽培イチジクにはイチジクコバチは居ませんので安心してお召し上がりください。

ギンガオサイチョウ2

ギンガオサイチョウ3

シンバヒルズ国立保護区の森の上を飛ぶギンガオサイチョウ。とさかが小さいので雌ですね。


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2012-09-

スキンク特集

スキンクの仲間(有鱗目トカゲ亜目スキンク下目スキンク科)を集めてみました。スカンクじゃありません。スキンクはニホントカゲを含む、トカゲの仲間でも最大のグループで、光沢のある滑らかな鱗、短い脚(ほぼ完全に退化したものも)が特徴です。

Speckle-lipped skink1

↑↓スペックルリップドスキンク(Speckle-lipped skink / Mabuya maculilabris)。残念ながら和名は無いようです。無理やり和訳するとマダラクチトカゲといったところでしょうか。ケニア沿岸地方では普通に見られるトカゲですが、アガマが目立ち過ぎるので存在感は余りありません(笑)。大きさは最大で30cmとの事ですが、実際に見た印象はニホントカゲと同じか一回り大きいぐらいです。昆虫などの小さな無脊椎動物を餌にしています。

Speckle-lipped skink2

↑顔のアップ

Rainbow skink male

↑↓レインボースキンク(Rainbow Skink / Mabuya margaritifer)。東ツァボ国立公園で撮影。レインボーと言うのはちょっと無理があるんじゃないかと思うんですが、雄はターコイズブルーに輝く綺麗なトカゲです。長さは最大30cmほどですが、体の厚みはスペックルリップドスキンクの倍以上あります。丸々太った金属光沢の体はシシャモを連想させます。ゴクリ。餌は昆虫などの無脊椎動物です。

Rainbow skink female

↑レインボースキンクの雌。雌の模様はニホントカゲに良く似ていますね。

Variable Skink

↑ヴァリアブルスキンク(Variable Skink / Mayuba Varia)。何がヴァリアブルなのかと言うと、体色にバリエーションが沢山有るとのことなのですが・・・とっても地味ですね。ナイバシャのクレーターレイクにて。

Striped Skink

↑ストライプドスキンク(Striped Skink / Mabuya striata)。名前の通り縞模様のあるトカゲです。ケニア内陸の都市部で普通に見られるトカゲの一種。ナイロビにて。


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2012-09-

ホオジロカンムリヅルとアマサギ

カンムリヅルとアマサギ

ホオジロカンムリヅル(Grey Crowned Crane / Balearica regulorum)とアマサギ(Cattle Egret / Bubulcus ibis)の群れ。アンボセリ国立公園にて。

カメラ: Pentax K-5
レンズ: DA☆300mm F4.0
絞り:  F4.5
露出時間: 1/500 sec
ISO感度: 160

アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2012-09-

ハダダトキとアフリカクロトキ

ハダダトキ
ハダダ1

日本の野生のトキは一度絶滅してしまい、現在復活が試みられていますが、ここ東アフリカでは図鑑で確認できるだけでも7種のトキが生息しています。私が見たことがあるのはハダダトキ(Hadada Ibis / Bostrychia hagedash)と、アフリカクロトキ(Sacred Ibis / Threskiornis aethiopicus)の二種です。ハダダトキは赤い上嘴と鈍く緑色に光る翼、飾り羽の無い頭と目の下の模様が特徴で、大変騒がしい声で鳴きます。ケニアで騒がしい鳥といえばこのハダダトキか、サイチョウの仲間を第一に思い出します。上の写真はモンバサ、下の二枚はナイバシャにて撮影。

ハダダ2

ハダダ3

アフリカクロトキ
クロトキ2

アフリカクロトキは白い体と黒い頭、尾羽が特徴です。英名のSacred Ibis「聖なるトキ」は、古代エジプトでトト神の化身として大切にされていた事に由来します。残念ながらエジプトでは絶滅してしまったようですが。上の写真はモンバサ、下の写真はナイバシャにて撮影。

クロトキ1


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2012-09-

ウガンダキリンとオックスペッカー

ウガンダキリンとオックスペッカー

ナクル湖国立公園のウガンダキリン(Rothschild Giraffe / Giraffa camelopardalis rothschildi)とアカハシウシツツキ (Red-billed Oxpecker / Buphagus erythrorhynchus)。

ところでウシツツキ(オックスペッカー)はどこ?

アカハシウシツツキ

ここです!

カメラ: Pentax K-5
レンズ: DA☆300mm F4.0
絞り:  F7.1
露出時間: 1/400 sec
ISO感度: 400


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2012-09-

マサイマラのアビイ・ロード

アビイ・ロード

本ブログもついに百回目の記事を迎えました。何でも三日坊主の私としては奇跡に近いことですが、これもひとえに訪問してくださった皆様のおかげです。篤く御礼申し上げます。
さて、百回目の写真ですが、なんとなく有名なビートルズの「アビイ・ロード」のレコードジャケットの写真に似ていませんか?しかもちゃんとゼブラ・ゾーンを渡っているでしょ?

カメラ: Pentax K-5
レンズ: DA☆300mm F4.0
絞り:  F5.6
露出時間: 1/1250 sec
ISO感度: 800

アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

profile

福井智一

Author:福井智一
ケニアにて野生生物保護の仕事をしていました。
日本においてもアフリカの野生動物を守る活動を続けていこうと考えています。
ケニア各地で撮影した写真を通じて、アフリカの大自然の魅力をお伝えします。
画像の無断転載は固くお断りします。ご利用になりたい方はコメント欄より連絡お願いします。
本ブログはリンクフリーです。リンクはご自由にどうぞ。
本ブログに掲載された写真を販売しています。下のバナーからどうぞ。

SDIM0741-1.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ

↑ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると励みになります。

freearea

category
未分類 (1)
ゾウ (14)
マサイキリン (8)
ペリカン (3)
バッファロー (2)
セーブル (3)
サバンナモンキー (3)
フラミンゴ (2)
ライオン (13)
イボイノシシ (4)
シマウマ (6)
カバ (3)
ハイエナ (3)
ハイラックス (2)
シロサイ (3)
カワセミ (8)
エランド (1)
ハタオリドリ (6)
ジャッカル (1)
ハーテビースト (1)
クロシロコロブス (3)
トムソンガゼル (1)
アガマ (2)
風景 (4)
ウォーターバック (2)
ディクディク (2)
ブルーモンキー (1)
ダチョウ (3)
チーター (3)
ヌー (5)
海洋生物 (7)
昆虫 (9)
ワニ (1)
サギ (4)
ヒョウ (2)
インパラ (3)
ワシ・タカ (23)
グラントガゼル (2)
マングース (4)
鳥:その他 (1)
ウガンダキリン (2)
トピ (1)
カンムリヅル (3)
ハチクイ (9)
リス (4)
ムクドリ (5)
ブッシュバック (1)
オオトカゲ (3)
トカゲ:その他 (4)
サバンナヒヒ (2)
ブッポウソウ (3)
ノガン (1)
オウチュウ (1)
フィンチ (10)
キツツキ (1)
コウノトリ (5)
ヘビ (3)
トキ (1)
サイチョウ (7)
モズ (1)
ウミガメ (1)
タイヨウチョウ (7)
ケリ (3)
フクロウ (3)
セキレイ (3)
ツグミ (1)
ネズミドリ (1)
アマツバメ (1)
スズメ (1)
キヌバネドリ (2)
ヒタキ (2)
ガン・カモ (2)
セッカ (1)
オオミミギツネ (2)
ホロホロチョウ (2)
カメレオン (1)
ヤブモズ (4)
サーバル (1)
リードバック (1)
クドゥ (2)
ゲレヌク (1)
インコ・オウム (1)
エボシドリ (1)
ハト (1)
レンカク (1)
ゴシキドリ (4)
ムシクイ (2)
ウサギ (1)
オリックス (1)
ハヤブサ (3)
リクガメ (1)
シャコ・ウズラ (1)
アミメキリン (1)
カッコウ・バンケン (1)
ツバメ (1)
サケイ (1)
ネズミ (1)
ヒバリ (1)
カモメ (2)
シギ・チドリ (1)
モリイノシシ (1)
ジャコウネコ (1)
クリップスプリンガー (1)
クイナ (1)
クロサイ (1)
entry
comment
trackback
archive
rss
form
link
qrcode
QR
copyright
Author by 福井智一

Designed by マンゴスチンw

アフリカで野生動物を撮る