ブログtop > アーカイブ - 2013-01-

アフリカレンカク

アフリカレンカク

 アンボセリ国立公園のアフリカレンカク(African Jacanas / Actophilornis africana)。レンカクを漢字で書くと「蓮角」。「蓮鶴」かと思ったら違いました。レンカクの特徴は何と言ってもその極端に長い足の指です。この長い足の指で体重を分散して、睡蓮などの水草の上を忍者のように器用に歩くことが出来ます。餌は湿地に住む昆虫などの小さな無脊椎動物です。


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2013-01-

ハト大特集

ケニアにはハトも沢山居ます。日本ではドバトしか見た事がありません(ケニアの都市部にもドバトは居ます)が、ケニアの自然公園では様々な野生ハトを見ることが出来ます。英語では大型のハトをPigeon、小型のハトをDoveと呼びます。ここで紹介する殆どのハトはDoveで、ドバトより一回り小さめです。この中で唯一のPigeonはアフリカアオバトですが、これもドバトより少し小さいです。

ミドリマダラバト

↑ミドリマダラバト(Emerald-spotted Wood Dove / Turtur chalcospilos)。緑色に輝く斑点が特徴のハト。アラブコ・ソコケ森林公園にて。

タンバリンバト

↑タンバリンバト(Tambourine Dove / Turtur tympanistria)。写真ではわかりませんが、このハトも緑に輝く斑点を持っています。アラブコ・ソコケ森林公園にて。

ワライバト

↑ワライバト(Laughing Dove / Spilopelia senegalensis)。ケニアで最も一般的に見られる野生ハト。東ツァボ国立公園にて。

シッポウバト

↑シッポウバト(Namaqua Dove / Oena capensis)。長い尾を含めて25cmという、かなり小型のハト。まさかハトだと思わなかったので、種の同定に苦労しました。西ツァボ国立公園にて。

アカメジュズカケバト

↑アカメジュズカケバト(Red-eyed Dove / Streptopelia semitorquata)。目の周りが赤く、首の後ろに模様があります。和名も英名も、輪になってないだろとツッコミたくなります。シンバヒルズ国立保護区にて。

アフリカジュズカケバト

↑アフリカジュズカケバト(Ring-necked Dove / Streptopelia capicola)。これも数珠?模様のあるハトです。ナクル湖国立公園にて。

アフリカアオバト

↑アフリカアオバト(African Green-Pigeon / Treron calva)。緑色の大変美しいハト。出会ったのはこの時だけです。シンバヒルズ国立保護区にて。


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2013-01-

エボシドリの仲間

エボシドリはエボシドリ目エボシドリ科に含まれる、世界でもサハラ以南のアフリカだけに住む鳥のグループです。その名の通り、頭に烏帽子状の羽飾りが付いている種が多いです。森林に住んでいる種は色の鮮やかな鳥が多く、逆にサバンナに生息している種は灰色を基調とした地味な鳥が多いです。

シロハラハイイロエボシドリ雄

↑シロハラハイイロエボシドリ(White-bellied Go-away-bird / Corythaixoides leucogaster)の雄。頭に烏帽子を被っています。英名のGo-away-birdと言う名は、”Go away!”という鳴き声から取ったそうですが私には良く分かりませんでした(笑)。西ツァボ国立公園にて。

シロハラハイイロエボシドリ雌

↑シロハラハイイロエボシドリの雌。烏帽子と言うより、パラサウロロフスのトサカみたいです。東ツァボ国立公園にて。

クロガオハイイロエボシドリ

↑分かりにくい写真で申し訳ありませんが、クロガオハイイロエボシドリ(Bare-faced Go-away-bird / Corythaixoides personatus)。マサイマラ国立保護区にて。

フィッシャーエボシドリ

↑フィッシャーエボシドリ(Fischer’s Turaco / Tauraco fischeri)。森林種のエボシドリは非常に美しい鳥が多いですが、遭遇は難しく、藪の中から中々出てくれないので撮影はさらに難しいです。シンバヒルズ国立保護区にて。


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2013-01-

セグロコサイチョウ

セグロコサイチョウ

 東ツァボ国立公園のセグロコサイチョウ(Von der Decken's Hornbill / Tockus deckeni)のカップル。手前の嘴の赤いのがオス、奥の嘴が黒いのがメスです。体長約48cm、体長はアカハシコサイチョウと殆ど変わりませんが、体つきは一回りガッシリとして、嘴も太いです。雑食性で、主に昆虫と果実を食べます。

カメラ: Pentax K-5
レンズ: DA☆300mm F4.0
絞り:  F4.0
露出時間: 1/320 sec
ISO感度: 1600


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2013-01-

駆けるアラゲジリス

アラゲジリス

西ツァボ国立公園のアラゲジリス(Unstriped Ground Squirrel / Xerus rutilus)。穀類や果実、根などを中心に、時折昆虫などの小動物を食べます。サバンナの生態系を支える重要な役割を担っているジリス。猛禽や大型爬虫類、中・小型肉食哺乳類の生活を支えていますが、彼ら本人達は食べられる為に生きているわけではなく、今を生き抜くのに必死です。彼らげっ歯類の最大の武器はその繁殖力。「食われたら生み返せ」が、彼らの生存戦略です。

カメラ: Pentax K-5
レンズ: DA☆300mm F4.0
絞り:  F4.0
露出時間: 1/1250 sec
ISO感度: 200


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2013-01-

アカハラハネナガインコ

アカハラハネナガインコ

 ケニアに来て約一年半、やっと初めて出会えた野性のインコ、アカハラハネナガインコ(African Orange-bellied Parrot / Poicephalus senegalus)。体長23cm、体重約150gの大型のインコです。雄はオレンジ色の腹部が鮮やかですが、残念ながら雄の顔はブッシュに隠れて撮ることができませんでした。とても珍しい動物に出会えたときに、藪の中から全然出てこないときの歯がゆさったらありません。鳴き声はギャーギャーと非常に騒がしいもので、一度聴いたら忘れられないものです。ペットとしても売られているようですが、あの声で大騒ぎされるとちょっと困りますね(笑)。寿命は野生で25-30年、飼育下では約50年と、大変長生きな鳥です。寿命が長い割りに巣立ちまでの日数は短く、孵化から9週で飛ぶことが出来、12週で巣立つそうです。
西ツァボ国立公園にて。

カメラ: Pentax K-5
レンズ: DA☆300mm F4.0
絞り:  F4.0
露出時間: 1/2000 sec
ISO感度: 200


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります


ブログtop > アーカイブ - 2013-01-

ウツクシオナガタイヨウチョウ

ウツクシオナガタイヨウチョウ

東ツァボ国立公園のウツクシオナガタイヨウチョウ(Beautiful Sunbird / Cinnyris pulchella)。センスの欠片も無い和名と英名ですが、その名の通り非常に美しいタイヨウチョウです。タイヨウチョウの仲間はそれほど珍しくは無いのですが、非常に小さく動きも素早いため、撮影には困難を伴います。

カメラ: Pentax K-5
レンズ: DA☆300mm F4.0
絞り:  F5.0
露出時間: 1/400 sec
ISO感度: 200


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2013-01-

フサホロホロチョウ

フサホロホロチョウ

西ツァボ国立公園のフサホロホロチョウ(Vulturine Guineafowl / Acryllium vulturinum)。胸のコバルトブルーが鮮やかです。ホロホロチョウの仲間では最大の種で、体長は最大71cmに及びます。ホロホロチョウと同じく群れで暮らし、食性は雑食性で、穀物の種や無脊椎動物を主に食べています。飛翔は得意ではありませんが、危険が迫れば飛ぶこともでき、夜間は木の上で眠るそうです。

フサホロホロチョウ


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2013-01-

クロワシミミズク

クロワシミミズク

 アフリカの夜の帝王、クロワシミミズク(Verreaux's Eagle-Owl / Bubo lacteus)。つぶらな瞳と眠そうなピンクのまぶたがキュートなフクロウですが、体長66cm、体重2kg、アフリカの夜の空を支配する、アフリカ最大最強のフクロウです。これで奇しくもアフリカ最大のフクロウと最小のフクロウを押さえることができました。獲物は捕らえられる大きさの動物なら昆虫からサルなどの哺乳類まで何でも襲い、大型の猛禽であるダルマワシヘビクイワシさえも寝込みを襲って捕食すると言うから驚きです。またハリネズミを好んで捕食する珍しい動物で、食べるときは背中の棘だらけの皮を器用に剥がして食べます。
 営巣は他の猛禽など大型鳥類の古巣を利用し、雌は二個の卵を産みます。最初に孵化した雛に優先的に餌を与えるので、充分な量の獲物を獲られなければ二羽目の雛は餓死してしまいます。帝王の子供と言えども、野生の世界はなかなかシビアですね。
 西ツァボ国立公園にて。

カメラ: Pentax K-5
レンズ: DA☆300mm F4.0
絞り:  F5.6
露出時間: 1/400 sec
ISO感度: 1600


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2013-01-

マングローブのカニたち

ケニアで川が海に流れ込むところ、すなわち干潟の汽水域はもれなくマングローブ林になっています。マングローブ林はヒルギの仲間などの、塩水でも生息できる特別な木で構成されていて、水鳥や魚、甲殻類、貝類などから構成される豊かな生態系を支えています。干潟の泥はデトリタス(有機物の粒子や微生物の複合体)を豊かに含んでおり、シオマネキなどの多くの生き物がそれを濾しとって食料にしています。

カニ

↑草食性のカニ(Neosarmatium meinerti)。落ちてきたマングローブの葉を食べる。

シオマネキ

↑シオマネキの一種(Uca chorophthalmus)。小さい鋏で泥をつまんで口に運び、泥に付着したデトリタスを濾しとって食べる。巨大な鋏を持っているのはオスだけ。


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2013-01-

ホウオウジャク

ホウオウジャク

 東ツァボ国立公園のホウオウジャク(鳳凰雀 / Eastern Paradise Whydah / Vidua paradisaea)のカップル。例によって尾の長い方が雄ですが、繁殖期以外は雌雄の見分けは殆ど付かないそうです。このホウオウジャク、カッコウなどと同様に託卵をすることが知られています。託卵のターゲットにされるのは、ホウオウジャクと同じフィンチの仲間であるニシキスズメです。雄のホウオウジャクはニシキスズメの鳴き声をまね、引き付けている間に託卵するようです。ホウオウジャクの雛はニシキスズメの雛より激しくアピールすることで、優先的に餌にありつき早く成長する事が出来ます。


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2013-01-

トンボ

トンボ

トンボの眼鏡は・・・サファイア色眼鏡?
モンバサにて。

トンボ

カメラ: Pentax K-5
レンズ: DA☆300mm F4.0
絞り:  F5.0
露出時間: 1/640 sec
ISO感度: 200


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2013-01-

シマウマの親子

シマウマの親子

生きる歓び。永遠の一瞬。

シマウマの親子

ブログtop > アーカイブ - 2013-01-

ダルマワシの若鳥

ダルマワシ

ダルマワシ(Bateleur / Terathopius ecaudatus)の若鳥。体長70cm、体重2.9kgに渡る中型のワシです。成鳥は顔と脚が真っ赤に、羽毛が黒、灰色、赤茶の三色と、かなり派手な姿になります。若鳥はご覧の通り、いかにもワシ然とした地味な茶色です。ゴマバラワシの時といい、どうも猛禽類は性成熟に時間が掛かるのか、若鳥を見かける確率が高い気がします。東ツァボ国立公園にて。

カメラ: Pentax K-5
レンズ: DA☆300mm F4.0
絞り:  F5.0
露出時間: 1/500 sec
ISO感度: 200

アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2013-01-

ゲレヌク

ゲレヌク

 ゲレヌク(Gerenuk / Litocranius walleri)の雌。体長は約160cmですが、その細長い体形のため体長から受ける印象よりずっと小さく見えます。木の葉や芽、花、果実などを主食としていますが、草は一切食べないという、レッサークドゥ以上の純粋なグレイザーです。細長い首や脚はより高い場所の木の葉を食べる為に適応したもので、アンテロープの仲間としては唯一、二本足で立つ事も出来、2mもの高さの葉を食べることも出来ます。小さく細長い口は棘だらけのアカシアの葉を食べるための適応だそうです。水場から遠い、乾燥した厳しい土地を好み、水分は常緑樹の葉などの食料から摂取します。生息に適した環境が限られるため、サファリで見かけることは比較的稀です。

ゲレヌク


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2013-01-

レッサークドゥ

レッサークドゥ

 レッサークドゥ(Lesser Kudu / Tragelaphus imberbis)の雌。体長140~175cmの中型のアンテロープです。オスはコルク栓抜きのような螺旋状の角と、たてがみを持っていますが、私はまだ見た事がありません。サバンナの低潅木帯に住み、木の葉を主食としています。乾燥に強く、木の葉から摂取する水分だけで水無しでも長期間耐えることが出来るそうです。
 大型草食動物は食性の違いにより大きく二種類に分けることが出来ます。地面に生えている草を主に食べるものをグレイザー(grazer)、木の葉を主に食べるものをブラウザー(browser)と呼びます。グレイザーの代表はシマウマ、ブラウザーの代表はキリンといったところです。近縁の動物でも食性が違うこともあり、例えばシロサイはグレイザー、クロサイはブラウザーで、それぞれ口の形が食生活に合わせて適応しています。アフリカゾウは雨季の草が瑞々しい時期はグレイザー、乾季になるとブラウザーと、季節によって食生活を変化させています。

カメラ: Pentax K-5
レンズ: DA☆300mm F4.0
絞り:  F5.0
露出時間: 1/400 sec
ISO感度: 400


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2013-01-

キンムネオナガテリムク

キンムネオナガテリムク

派手な種が多い東アフリカのムクドリの中でもひときわ美しいのが、このキンムネオナガテリムク(Golden-breasted Starling / Cosmopsarus regius)です。長い尾羽を含めて体長35cm程度、普通サイズのムクドリです。三羽から12羽程度の群れで暮らし、他のムクドリ同様昆虫を主食としています。東ツァボ国立公園にて。

カメラ: Pentax K-5
レンズ: DA☆300mm F4.0
絞り:  F4.0
露出時間: 1/320 sec
ISO感度: 200

ブログtop > アーカイブ - 2013-01-

キイロヒヒの親子

キイロヒヒの親子

 サバンナヒヒの一亜種、キイロヒヒ(Yellow Baboon / Papio cynocephalus cynocephalus)の親子。サバンナヒヒの社会も基本的に序列社会で、ランクの高い強い雄ほど交尾の機会に恵まれる事が多いのですが、強さだけがモテる要因と言うわけではないようです。というのは、雌が交尾を許す相手は必ずしも強い雄ではなく、普段から近くで慣れ親しんだ雄であることが多いからです。男らしいマッチョマンと、マメな優男という複数のモテ戦略があるあたり、やはり人間に近い動物という感じがしますね。
 さて、殆どの哺乳類の父親は交尾だけがその仕事なのですが、サバンナヒヒのオスは子供が母離れするまでの二年足らずの間「父親」として子供と関わることが知られています。子供を抱いて運んだり、毛づくろいしたり食料を分け与えたりといった世話の他に、子供やその母が他のメンバーに暴力を振るわれそうになった時に駆けつけて助けるといった、「家父長(godfather)」的な役を担うそうです。また子供の母親が死んでしまった場合、「厳格な父」だけでなく「優しい母」の役も果たすのだそうです。コワモテな姿に似合わずなかなかマメなのですね。

カメラ: Pentax K-5
レンズ: DA☆300mm F4.0
絞り:  F5.6
露出時間: 1/500 sec
ISO感度: 200


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2013-01-

ソマリダチョウ

ソマリダチョウ

ケニアには二種類のダチョウが居ます。お馴染みのダチョウ(Common Ostrich / Struthio camelus)と、写真のソマリダチョウ(Somali Ostrich / Struthio molybdophanes)。資料によってソマリダチョウはダチョウの亜種扱いだったり別種扱いだったりするのですが、亜種扱いの場合はS. c. molybdophanesになります。普通のダチョウは更に4亜種に分かれて、ケニアに居るダチョウはマサイダチョウ(S. c. massaicus)です。ややこしいですね。ソマリダチョウとマサイダチョウの違いは一目瞭然、雄ソマリダチョウの首と脚は青いのです。雄の羽は黒いという点では同じなのですが、ソマリダチョウは黒さのレベルが違って、物凄く黒い、まさに漆黒です。逆に雌の見た目にはあまり違いはありません。また見た目だけではなく生態も多少違いがあって、ダチョウは開けた草原を好み、地上に生えている草を好んで食べます(グレイザー)が、ソマリダチョウは潅木の茂る土地を好み、潅木の木の葉を好んで食べます(ブラウザー)。両種は交配可能だそうですが、多少問題があるそうなのでやはり別種扱いの方が適当なのかもしれません。東ツァボ国立公園にて。

カメラ: Pentax K-5
レンズ: DA☆300mm F4.0
絞り:  F4.0
露出時間: 1/1250 sec
ISO感度: 200


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2013-01-

ノドジロオオトカゲ

サバンナオオトカゲ

ケニアにはナイルオオトカゲの他に、もう数種のオオトカゲがいます。ナイルオオトカゲは水のあるところでは比較的良く見かけるのですが、ノドジロオオトカゲ(Rock Monitor / Varanus albigularis)は滅多に見かけることが無く、この写真を撮った時が初めての遭遇でした。体長は最大で2mと、ナイルオオトカゲ(2.5m)より小型ですが、がっしりした体格でなかなかの迫力でした。興味深いのは顔が全然違う事で、ナイルオオトカゲは小型肉食恐竜のような顔立ちなのに対し、ノドジロオオトカゲは角竜のような顔立ちです。

<読者のご指摘を受け、サバンナオオトカゲ→ノドジロオオトカゲに訂正しました。ご指摘ありがとうございました。>

カメラ: Pentax K-5
レンズ: DA☆300mm F4.0
絞り:  F5.6
露出時間: 1/400 sec
ISO感度: 200


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2013-01-

ボホールリードバック

ボホールリードバック

アンボセリ国立公園のボホールリードバック(Bohor Reedback / Redunca redunca)。アフリカはウシ科動物の天国ですが、種によって繁栄の度合いには格差があります。インパラのように何処に行っても無数に見られる種もあれば、ヒロラのような絶滅危惧種もあります。ボホールリードバックは絶滅危惧種ではありませんが、なかなか目にかかることの無い、珍しい中型のアンテロープです。角は雄だけにあり、前方に折れ曲がっているので容易に他種と区別できます。ところでこの写真、地平線が妙なことになっています。どうやらこの時、蜃気楼が発生していたようで、白くもやが掛かった部分は「本来の」景色ではないのかもしれません。

↓オスを拡大
ボホールリードバック雄

↓メスを拡大
ボホールリードバック雌


カメラ: Pentax K-5
レンズ: DA☆300mm F4.0
絞り:  F10.0
露出時間: 1/500 sec
ISO感度: 200


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2013-01-

アカハシコサイチョウ

アカハシコサイチョウ

いかにも南国らしい鳥のグループ、サイチョウ(Hornbill)。大きな嘴は果実を食べるために進化したと言われていますが、実際には果実以外にも様々な動植物を餌にしています。写真のサイチョウは乾燥したブッシュを好む、アカハシコサイチョウ(Red-billed Hornbill / Tockus erythrorhynchus)です。東ツァボ国立公園では比較的頻繁に見ることが出来ました。

カメラ: Pentax K-5
レンズ: DA☆300mm F4.0
絞り:  F5.6
露出時間: 1/400 sec
ISO感度: 200


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2013-01-

イッコウチョウ

イッコウチョウ

東ツァボ国立公園に向かう道中のお土産屋の軒先に沢山居たフィンチ、イッコウチョウ(一紅鳥 / Cut-throat Finch / Amadina fasciata)。名前の通り、喉に赤い一文字の模様があるのがオス、無いのがメスです。ズグロハタオリと一緒に一本の木に集合住宅を作っていました。しかしこのフィンチ、例によって和名は雅ですが、英名がヒドイ。「喉切りフィンチ」ですよ。意味は分かるけどさぁ・・・。
話は変わりますが、最近リファレンスに何を使っているのか良く訊かれます。私が愛用している鳥図鑑は、"Birds of East Africa"、哺乳類図鑑は"African Mammals"、爬虫類図鑑は、"Reptiles and Amphibians of East Africa"です。哺乳類の行動については、"The Behavior Guide to African Mammals"を使っています。この哺乳類の行動に関する本は学術書としてだけでなく、読み物としても一級品の面白さです。英語なのでヘヴィですが、興味のある方は是非チャレンジしてみてください。

カメラ: Pentax K-5
レンズ: DA☆300mm F4.0
絞り:  F5.6
露出時間: 1/400 sec
ISO感度: 400


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。



ブログtop > アーカイブ - 2013-01-

ルリホオハチクイ

ルリホオハチクイ

東ツァボ国立公園のルリホオハチクイ(Blue-cheeked Bee-eater / Merops persicus)。体長30cmの大型のハチクイで、名前の通り目の周りの青い羽根がとても印象的です。美しいハチクイはケニアでも一番好きな鳥の仲間です。帰国までに何種観察できるでしょうか。


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2013-01-

ニシブッポウソウ

ニシブッポウソウ

東ツァボ国立公園のニシブッポウソウ(European Roller / Coracias garrulous)。ライラックニシブッポウソウにそっくりですが、赤系統の羽はなく、全体的に地味なので容易に判別できます。ライラックニシブッポウソウの時の様に間近に近づくことはできなかったので、点のように小さく写っている写真からの拡大です。


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2013-01-

サーバル

サーバル

東アフリカでチーターに次いで大きいネコ、サーバル(Serval, Serval Cat / Leptailurus serval)。体長は最大で1m、体重は18kgと、丁度チーターとイエネコの中間ぐらいの大きさのネコです。外見上の特徴は大きな耳とその模様、首から肩にかけての黒いラインです。食べ物は鳥や哺乳類、爬虫類などで、殊に空中の鳥をジャンプして捕らえることで有名です。サバンナで出会えるネコの中でもライオンは比較的遭遇率が高いのですが、チーター、ヒョウとなると運が良くなければ見ることができません。ましてチーター以下の小型のネコ(サーバル・カラカル・ワイルドキャット)となると奇跡的な幸運に恵まれなければまず無理、というわけで、このサーバルに出会った時は興奮もひとしおでした。停車後暫く叢の中に隠れていたのですが、やがて背を向けて去って行ってしまいました。顔が見られなくて残念、と思っていたら、サービスしてくれたのか大分距離が離れてからこちらを向いてくれました。可愛い・・・いや、なかなか恐い顔ですね。チーターよりずっとコワモテです。アンボセリ国立公園にて。

サーバル


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2013-01-

トサカゲリ

トサカゲリ

マサイマラのトサカゲリ(African Wattled Lapwing / Vanellus senegallus)。ヒゲのような形の黄色いトサカが特徴です。ケリは雌雄の判別がとても難しい鳥だそうで、以前居た大学の研究室にケリの雌雄判別法を開発している大学院生がいましたが、どうも上手くいかなかったようです。

カメラ: Pentax K-5
レンズ: DA☆300mm F4.0
絞り:  F10.0
露出時間: 1/400 sec
ISO感度: 200


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2013-01-

クビワメガネヒタキ

クビワメガネヒタキ雌

クビワメガネヒタキ (Black-throated Wattle-eye / Platysteira peltata)。上がメス、下がオスです。このクビワメガネヒタキ、図鑑ではFlycatcherのグループに入っていたので 、ヒタキの仲間と思いきや、ウィキペディアで調べてみるとヤブモズ亜科メガネヒタキ科に含まれ、ヒタキ科には含まれないとのこと。このヤブモズ亜科というのがヤブモズ科の上位グループになっていて、番地と丁目が逆になっているようで益々ややこしいことこの上ないです(普通「亜」が付くのは下位のグループ)。ヤブモズ亜科にはメガネヒタキの他、ヤブモズやメガネモズなど、日本では馴染みの薄い鳥が沢山居ます。ところでこの鳥の名前、和名はオス、英名はメスを指していますね。

クビワメガネヒタキ雄


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

profile

福井智一

Author:福井智一
ケニアにて野生生物保護の仕事をしていました。
日本においてもアフリカの野生動物を守る活動を続けていこうと考えています。
ケニア各地で撮影した写真を通じて、アフリカの大自然の魅力をお伝えします。
画像の無断転載は固くお断りします。ご利用になりたい方はコメント欄より連絡お願いします。
本ブログはリンクフリーです。リンクはご自由にどうぞ。
本ブログに掲載された写真を販売しています。下のバナーからどうぞ。

SDIM0741-1.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ

↑ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると励みになります。

freearea

category
未分類 (1)
ゾウ (14)
マサイキリン (8)
ペリカン (3)
バッファロー (2)
セーブル (3)
サバンナモンキー (3)
フラミンゴ (2)
ライオン (13)
イボイノシシ (4)
シマウマ (6)
カバ (3)
ハイエナ (3)
ハイラックス (2)
シロサイ (3)
カワセミ (8)
エランド (1)
ハタオリドリ (6)
ジャッカル (1)
ハーテビースト (1)
クロシロコロブス (3)
トムソンガゼル (1)
アガマ (2)
風景 (4)
ウォーターバック (2)
ディクディク (2)
ブルーモンキー (1)
ダチョウ (3)
チーター (3)
ヌー (5)
海洋生物 (7)
昆虫 (9)
ワニ (1)
サギ (4)
ヒョウ (2)
インパラ (3)
ワシ・タカ (23)
グラントガゼル (2)
マングース (4)
鳥:その他 (1)
ウガンダキリン (2)
トピ (1)
カンムリヅル (3)
ハチクイ (9)
リス (4)
ムクドリ (5)
ブッシュバック (1)
オオトカゲ (3)
トカゲ:その他 (4)
サバンナヒヒ (2)
ブッポウソウ (3)
ノガン (1)
オウチュウ (1)
フィンチ (10)
キツツキ (1)
コウノトリ (5)
ヘビ (3)
トキ (1)
サイチョウ (7)
モズ (1)
ウミガメ (1)
タイヨウチョウ (7)
ケリ (3)
フクロウ (3)
セキレイ (3)
ツグミ (1)
ネズミドリ (1)
アマツバメ (1)
スズメ (1)
キヌバネドリ (2)
ヒタキ (2)
ガン・カモ (2)
セッカ (1)
オオミミギツネ (2)
ホロホロチョウ (2)
カメレオン (1)
ヤブモズ (4)
サーバル (1)
リードバック (1)
クドゥ (2)
ゲレヌク (1)
インコ・オウム (1)
エボシドリ (1)
ハト (1)
レンカク (1)
ゴシキドリ (4)
ムシクイ (2)
ウサギ (1)
オリックス (1)
ハヤブサ (3)
リクガメ (1)
シャコ・ウズラ (1)
アミメキリン (1)
カッコウ・バンケン (1)
ツバメ (1)
サケイ (1)
ネズミ (1)
ヒバリ (1)
カモメ (2)
シギ・チドリ (1)
モリイノシシ (1)
ジャコウネコ (1)
クリップスプリンガー (1)
クイナ (1)
クロサイ (1)
entry
comment
trackback
archive
rss
form
link
qrcode
QR
copyright
Author by 福井智一

Designed by マンゴスチンw

アフリカで野生動物を撮る