ブログtop > アーカイブ - 2013-04-

ブームスラング

ブームスラング

 シャバ国立保護区のロッジに居た鮮やかな緑色の蛇。東アフリカには緑色の蛇は多種居るのでハッキリとは分かりませんが、おそらくブームスラング(boomslang / Dispholidus typus)の緑色型だと思われます。もし間違っていたら教えてください。とても臆病で、もっと大きく写そうと近づいたらそそくさと逃げてしまいました。
 ケニアにはヘビの仲間も多種生息していますが、なかなか人前に姿を現すことはありません。またケニア人はヘビを見つけると大抵袋叩きにして殺してしまうので、人が居る地域でヘビに出くわすのは困難です。無闇に野生動物を殺すのは好ましいことではありませんが、危険な毒蛇が多く、実際に被害を受ける人も少なくないので仕方ないのかもしれません。ケニア野生生物公社ではヘビを見かけたら殺さずに社に通報するように市民に通達しており、生け捕りにされたヘビはスネーク・パークなどに送られます。
 本種ブームスラングはナミヘビ科ブームスラング属、一属一種の毒蛇で、ヤマカガシと同様、毒牙を奥に持ちます(後牙類)。ケニアに生息する毒蛇の中でも指折りの強力な毒(出血毒)を持ち、咬まれた場合成人男性でも抗血清を打たなければ死に至るほどです。ただし本種は非常におとなしく、毒の回りもとても遅いため、実際に危険なヘビというわけではないそうです。昼行性・樹上性のヘビで、主にアガマやカメレオンなどの樹上性のトカゲ類を捕食しています。目が非常に大きく、更に鼻が尖っていることから立体視によって獲物との距離を正確に計ることが出来ます。体長は最大で1.8m、細長い体型をしています。

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2013-04-

アカクビノウサギ

アカクビノウサギ

バッファロー・スプリングス国立保護区のアカクビノウサギ(Scrub Hare / Lepus saxatilis)。ブッシュの陰に隠れていたところを見つかってしまいました。和名の由来となった特徴的な首の赤い毛は確認できませんが、顔の模様や足の赤い毛などから本種でほぼ間違いないと思われます。ノウサギは夜行性で警戒心が非常に強いため、昼間に見つけるのはなかなか困難で、今回初めて野性のノウサギをはっきりと観察することができました。

カメラ: Pentax K-5
レンズ: DA☆300mm F4.0
絞り:  F4.5
露出時間: 1/800 sec
ISO感度: 320

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2013-04-

グレビーシマウマ

グレビーシマウマ

 サンブル国立保護区のグレビーシマウマ (Grevy's Zebra / Equus grevyi)。サンブル国立保護区はケニア山の北にある半砂漠地帯にあります。東西ツァボ国立公園が赤土に被われた乾燥地なのに対し、サンブルは白い礫や砂に被われており、より乾燥した印象を与えます。
 シマウマはアフリカ大陸にのみ分布する、縞模様を持つウマ属の動物の総称で、サバンナシマウマ、ヤマシマウマ、グレビーシマウマの三種を指します。サバンナシマウマはさらに6つの亜種に分けられ、東アフリカに広く分布するグラントシマウマや、絶滅種のクアッガが含まれます。ヤマシマウマは南アフリカの一部に生息するシマウマで、二亜種にさらに分けられます。写真のグレビーシマウマはシマウマの仲間の最大種で、肩までの高さは最高で160cm、体重は最大で450kg(サバンナシマウマの約1.5倍)に及びます。非常にきめの細かい縞模様、縞の無い白い腹部が特徴です。実物のグレビーシマウマを見た感じでは、馴染みのサバンナシマウマとは全然別の動物という印象を受けました。体は一回り以上大きく、細かい縞模様は遠目にはグレーに見えました。
 サハラ砂漠以南の広い地域で大繁栄しているサバンナシマウマに引き換え、グレビーシマウマはケニア北部とエチオピアの一部のみに生息しており、生息数は数千頭と絶滅の危機に瀕しています。最近の急激な個体数の減少は人間による生息地の減少や乱獲によるものですが、それ以前に他種との競争に破れ、北部の乾燥地に追いやられたと考えられています。グレビーシマウマはサバンナシマウマより乾燥に強いのですが、北アフリカに生息するアフリカノロバ(家畜ロバの原種)は更に乾燥に強いため、両者が支配する中間の地域に押しやられたと考えられています。

カメラ: Pentax K-5
レンズ: DA☆300mm F4.0
絞り:  F5.6
露出時間: 1/1000 sec
ISO感度: 250


にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2013-04-

クリビタイメガネモズ

クリビタイメガネモズ

アラブコ・ソコケ森林保護区のクリビタイメガネモズ(Chestnut-fronted Helmet-shrikie / Prionops scopifrons)。名前の通り栗色の額に青いメガネをかけています。

カメラ: Pentax K-5
レンズ: DA☆300mm F4.0
絞り:  F4.5
露出時間: 1/800 sec
ISO感度: 200


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2013-04-

マリンディの魚群

マリンディ海洋国立公園

気が付くと無数の魚の群れの中に居た。マリンディ海洋国立公園にて。

カメラ: SIGMA DP1s
レンズ: 16mm F4.0
絞り:  F4.5
露出時間: 1/60 sec
ISO感度: 100


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2013-04-

東ツァボのアラゲジリス

アラゲジリス

 東ツァボ国立公園のアラゲジリス(Unstriped Ground Squirrel / Xerus rutilus)。ジリスの仲間はそのアーモンド形の頭と小さな耳で容易に他のリスと区別がつきます。東西ツァボ国立公園は潅木と露出した赤土が目立つ、一見荒涼とした大地ですが、その生物多様性の豊かさは目を見張るものがあります。

カメラ: Pentax K-5
レンズ: DA☆300mm F4.0
絞り:  F5.6
露出時間: 1/400 sec
ISO感度: 200


アフリカ雑貨・写真集など

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

profile

福井智一

Author:福井智一
ケニアにて野生生物保護の仕事をしていました。
日本においてもアフリカの野生動物を守る活動を続けていこうと考えています。
ケニア各地で撮影した写真を通じて、アフリカの大自然の魅力をお伝えします。
画像の無断転載は固くお断りします。ご利用になりたい方はコメント欄より連絡お願いします。
本ブログはリンクフリーです。リンクはご自由にどうぞ。
本ブログに掲載された写真を販売しています。下のバナーからどうぞ。

SDIM0741-1.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ

↑ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると励みになります。

freearea

category
未分類 (1)
ゾウ (14)
マサイキリン (8)
ペリカン (3)
バッファロー (2)
セーブル (3)
サバンナモンキー (3)
フラミンゴ (2)
ライオン (13)
イボイノシシ (4)
シマウマ (6)
カバ (3)
ハイエナ (3)
ハイラックス (2)
シロサイ (3)
カワセミ (8)
エランド (1)
ハタオリドリ (6)
ジャッカル (1)
ハーテビースト (1)
クロシロコロブス (3)
トムソンガゼル (1)
アガマ (2)
風景 (4)
ウォーターバック (2)
ディクディク (2)
ブルーモンキー (1)
ダチョウ (3)
チーター (3)
ヌー (5)
海洋生物 (7)
昆虫 (9)
ワニ (1)
サギ (4)
ヒョウ (2)
インパラ (3)
ワシ・タカ (23)
グラントガゼル (2)
マングース (4)
鳥:その他 (1)
ウガンダキリン (2)
トピ (1)
カンムリヅル (3)
ハチクイ (9)
リス (4)
ムクドリ (5)
ブッシュバック (1)
オオトカゲ (3)
トカゲ:その他 (4)
サバンナヒヒ (2)
ブッポウソウ (3)
ノガン (1)
オウチュウ (1)
フィンチ (10)
キツツキ (1)
コウノトリ (5)
ヘビ (3)
トキ (1)
サイチョウ (7)
モズ (1)
ウミガメ (1)
タイヨウチョウ (7)
ケリ (3)
フクロウ (3)
セキレイ (3)
ツグミ (1)
ネズミドリ (1)
アマツバメ (1)
スズメ (1)
キヌバネドリ (2)
ヒタキ (2)
ガン・カモ (2)
セッカ (1)
オオミミギツネ (2)
ホロホロチョウ (2)
カメレオン (1)
ヤブモズ (4)
サーバル (1)
リードバック (1)
クドゥ (2)
ゲレヌク (1)
インコ・オウム (1)
エボシドリ (1)
ハト (1)
レンカク (1)
ゴシキドリ (4)
ムシクイ (2)
ウサギ (1)
オリックス (1)
ハヤブサ (3)
リクガメ (1)
シャコ・ウズラ (1)
アミメキリン (1)
カッコウ・バンケン (1)
ツバメ (1)
サケイ (1)
ネズミ (1)
ヒバリ (1)
カモメ (2)
シギ・チドリ (1)
モリイノシシ (1)
ジャコウネコ (1)
クリップスプリンガー (1)
クイナ (1)
クロサイ (1)
entry
comment
trackback
archive
rss
form
link
qrcode
QR
copyright
Author by 福井智一

Designed by マンゴスチンw

アフリカで野生動物を撮る