ブログtop > アーカイブ - 2014-01-

オオブチジェネット

オオブチジェネット

アバデア国立公園のロッジに現れたオオブチジェネット(Blotched Genet / Genetta tigrina)。ネコに良く似ていますが、ジェネットはネコ科ではなくジャコウネコ科の仲間です。ジャコウネコ(麝香猫)の名の由来は、臭腺から分泌される液が香料や薬などに利用されてきた事に依ります。ジャコウネコ科は他にネコ科、マングース科、ハイエナ科などを含むネコ亜目の中でも最も原始的なグループで、ほとんどの種が比較的小型(最大の種でも体長1メートル足らず)で夜行性です。またジャコウネコ科は他に日本にも帰化しているハクビシンや、最近一部で人気のビントロングなどを含みます。オオブチジェネットはサハラ砂漠以南の森林に広く生息しており、小鳥や昆虫などの小動物を捕食します。このジェネットは人工光に誘われて集まった昆虫をしきりに漁っていました。体長は40~55cm、尾の長さも体長とほぼ同じです。

オオブチジェネット

↑なんとロッジのスタッフに餌付けされていました。イエネコじゃないんだから・・・

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2014-01-

ニシキスズメ

ニシキスズメ

東ツァボ国立公園のニシキスズメ雌(Green-Winged Pytilia / Pytilia melba)。雄は顔から胸にかけて鮮やかな赤からオレンジのグラデーションになります。このニシキスズメ、ホウオウジャクから托卵のターゲットになっている種なのですが、不思議なことにホウオウジャクはツァボ周辺でかなり普通に見かける一方で、ニシキスズメは今回初めて観察されました。托卵される側の方が遥かに少ない個体数だとは考えにくいので、恐らくニシキスズメは位置や時間などの理由で人目に付きにくいのでしょう。

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2014-01-

アバデアのモリイノシシ

モリイノシシ

夜間アバデア国立公園内のロッジの前に姿を現したモリイノシシ(Giant Forest Hog / Hylochoerus meinertzhagen)。世界最大のブタの仲間で、オスは最大で体重280kgにも達します。(イボイノシシは最大105㎏、イノシシは通常最大90㎏ほどですが、記録としては300㎏を超える大物が仕留められた事もあるそうです。)オスはメスより大型になり、成長すると目の両脇にお皿のようなイボが発達し、オス同士でこのイボをぶつけ合って闘争するそうです。名前の通り深い森を好んで生息しています。植物食を中心とする雑食性で、時に肉を求めてハイエナやヒョウから獲物を奪うそうです。モリイノシシよりはるかに大きいバッファローをも時に仕留めるブチハイエナから獲物を奪うとは、にわかには信じ難いですが、実際に一頭のモリイノシシの目の前をブチハイエナが通り過ぎたのにもかかわらず、モリイノシシは悠然と草を食み続けていた様子(下の写真)を見ると、彼らはハイエナを全く恐れていないのかもしれません。しかしブチハイエナをも恐れぬモリイノシシもライオンには弱いようで、以前ここアバデア国立公園にライオンが再移入された際に、絶滅危惧種のボンゴと共に大幅に数を減らしてしまったということです。ボンゴ保護のためにライオンは再び捕獲されて他の保護区に移送され、モリイノシシも個体数を回復したようで、今では夕暮れから夜にかけてロッジから沢山のモリイノシシを観察することができます。

モリイノシシとブチハイエナ

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

ブログtop > アーカイブ - 2014-01-

アバデアのキンバネオナガタイヨウチョウ

キンバネオナガタイヨウチョウ

帰国第一号の記事は、アバデア国立公園のキンバネオナガタイヨウチョウ(Golden-winged Sunbird / Drepanorhynchus reichenowi)。その名の通り黄金の翼を持つ大変美しいタイヨウチョウです。標高1800mから3400mまでの高地に生息しており、ここアバデアの他、ケニア山の森林限界前後でも多くのキンバネオナガタイヨウチョウが花の蜜を吸う様子が観察できました。

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。

profile

福井智一

Author:福井智一
ケニアにて野生生物保護の仕事をしていました。
日本においてもアフリカの野生動物を守る活動を続けていこうと考えています。
ケニア各地で撮影した写真を通じて、アフリカの大自然の魅力をお伝えします。
画像の無断転載は固くお断りします。ご利用になりたい方はコメント欄より連絡お願いします。
本ブログはリンクフリーです。リンクはご自由にどうぞ。
本ブログに掲載された写真を販売しています。下のバナーからどうぞ。

SDIM0741-1.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ

↑ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると励みになります。

freearea

category
未分類 (1)
ゾウ (14)
マサイキリン (8)
ペリカン (3)
バッファロー (2)
セーブル (3)
サバンナモンキー (3)
フラミンゴ (2)
ライオン (13)
イボイノシシ (4)
シマウマ (6)
カバ (3)
ハイエナ (3)
ハイラックス (2)
シロサイ (3)
カワセミ (8)
エランド (1)
ハタオリドリ (6)
ジャッカル (1)
ハーテビースト (1)
クロシロコロブス (3)
トムソンガゼル (1)
アガマ (2)
風景 (4)
ウォーターバック (2)
ディクディク (2)
ブルーモンキー (1)
ダチョウ (3)
チーター (3)
ヌー (5)
海洋生物 (7)
昆虫 (9)
ワニ (1)
サギ (4)
ヒョウ (2)
インパラ (3)
ワシ・タカ (23)
グラントガゼル (2)
マングース (4)
鳥:その他 (1)
ウガンダキリン (2)
トピ (1)
カンムリヅル (3)
ハチクイ (9)
リス (4)
ムクドリ (5)
ブッシュバック (1)
オオトカゲ (3)
トカゲ:その他 (4)
サバンナヒヒ (2)
ブッポウソウ (3)
ノガン (1)
オウチュウ (1)
フィンチ (10)
キツツキ (1)
コウノトリ (5)
ヘビ (3)
トキ (1)
サイチョウ (7)
モズ (1)
ウミガメ (1)
タイヨウチョウ (7)
ケリ (3)
フクロウ (3)
セキレイ (3)
ツグミ (1)
ネズミドリ (1)
アマツバメ (1)
スズメ (1)
キヌバネドリ (2)
ヒタキ (2)
ガン・カモ (2)
セッカ (1)
オオミミギツネ (2)
ホロホロチョウ (2)
カメレオン (1)
ヤブモズ (4)
サーバル (1)
リードバック (1)
クドゥ (2)
ゲレヌク (1)
インコ・オウム (1)
エボシドリ (1)
ハト (1)
レンカク (1)
ゴシキドリ (4)
ムシクイ (2)
ウサギ (1)
オリックス (1)
ハヤブサ (3)
リクガメ (1)
シャコ・ウズラ (1)
アミメキリン (1)
カッコウ・バンケン (1)
ツバメ (1)
サケイ (1)
ネズミ (1)
ヒバリ (1)
カモメ (2)
シギ・チドリ (1)
モリイノシシ (1)
ジャコウネコ (1)
クリップスプリンガー (1)
クイナ (1)
クロサイ (1)
entry
comment
trackback
archive
rss
form
link
qrcode
QR
copyright
Author by 福井智一

Designed by マンゴスチンw

アフリカで野生動物を撮る