ブログtop > ライオン > ライオンの子殺しの理由

ライオンの子殺しの理由

雄ライオンとゾウ

「ライオンの子殺し」という言葉をご存知でしょうか。

 ライオン(Panthera leo)の繁殖は所謂ハーレム(ライオンでは『プライド』と呼ぶ)制で、通常1~2頭(最大で7頭)の成熟したオスを中心に2~18頭の大人のメス、若いオス、子供を含む約40頭の群れを形成しています。プライドの構成員が一箇所に固まることは稀で、通常小さなグループに分かれて行動しています。

 交尾をする権利があるのは当然大人のオスのみで、交尾以外のオスの仕事は挑戦者オスや他プライドのライオンやハイエナなどからのプライドの防衛、バッファローなどの大型の獲物を狩る場合の応援などです。良く知られるように普段は天敵も居らず、狩りもしないのでゴロゴロとしています。

 若いオスはある程度の年齢になるとプライドを出てゆき、武者修行の時代に入ります。このとき、通常血縁関係の数頭のグループで行動することになります。やがて充分に自信を付ける事が出来たオスは、いずれかのプライドのオスに挑戦することになります。挑戦者、王者ともに一頭とは限りません。従って数が少ないと不利になります。挑戦者としては味方が多いほうが戦いには有利ですが、プライドを乗っ取った後の旨みは当然薄くなるので、そこはジレンマとなります。

 見事挑戦者が勝利し、プライドを乗っ取った場合、まず最初に新王者がやることは、1歳未満の群れの子供を皆殺しにすることです。新王者の子殺しを母ライオンは必ずしも黙って受け入れるわけではなく、時には雄ライオンに必死の抵抗を試みたり、子供を見つからない場所に隠したりします。しかしながら母ライオンの抵抗が実を結ぶことは殆ど無く、場合によっては母子共に殺されてしまいます。

 野生動物の行動に人間の倫理観を当てはめることは無意味ですが、なぜこのような残酷なことをしなくてはならないのでしょうか?それには闘いに生きるライオンのオスならではの切実な理由があります。

 ライオンの雌は、通常二年に一度のペースで子供を産みます。そして子供が一歳半を過ぎるまではオスを受け入れることはありません。ですが子供が死んでしまうとすぐにオスを受け入れて懐妊します。オスは子供を殺さない限り、すぐに子作りをすることが出来ません。

 では次の発情期まで待つことが出来ないのでしょうか?それはできません。プライドを乗っ取ったらすぐに交尾をしなくてはならない理由、それは王座の保持期間です。通常プライドの王座の保持期間は二年未満、雄ライオンの全盛期は五歳から六歳、そして一度王座を陥落した雄ライオンが再びプライドの王に返り咲くケースは極めて稀です。すなわちオスはプライドを手に入れ次第、一分一秒でも早く子供を作り、自分の王座が陥落するまでの間に、子供たちに成長してもらわなくてはならないのです。自分の子供が「子殺し」の対象年齢を過ぎるまでは、まさに命懸けでプライドを守らなければなりません。そして王座返り咲きがほぼ不可能な以上、オスにとってプライドを奪取した瞬間のみがまさに一生に一度の繁殖のチャンスなのです。これが雄ライオンが前王者の子供を殺さなければならない理由です。

 王座を陥落したあとの雄ライオンの末路は哀れです。ある者は闘いで命を落とし、生き延びたとしてもその後の運命は非常に厳しいものがあります。立派なたてがみと筋骨隆々の肉体はハンティングに向かず、力が衰えるにつれ若雄ライオンの腕試しやハイエナの襲撃にさらされ、最後には力尽きて死んでゆきます。動物園では二十年以上生きる事もありますが、雄ライオンが野生で十年以上生きることは稀な事です。

 まさに闘う為に生まれてきたような雄ライオン、彼らの凄絶な生涯を思えば、ゴロゴロと寛いでいる彼らの顔も違って見えるのではないでしょうか。

この写真はこちらから購入できます。

カメラ: Pentax K-x
レンズ: FA77mm F1.8 Limited
絞り:  F8.0
露出時間: 1/800 sec
ISO感度: 400




にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ
いつもご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。上のアイコンを1日1クリックしていただけると励みになります。
関連記事

コメント:

ん~~~理解できるけど

一応、メスの一人としては 自分の子供を奪われたくないかな・・・

自然の厳しさと一言では言い表せない行動ですね

自分の子孫を残す・・・
ちょっと「エイリアン」を思い出したのは、飛躍のしすぎでしょうか(^^;;

2012-09-10(月)17時55分35秒|URL|ゆう #bHdBdKak|編集Λ

日本では味わえない野生の動物の営みにいつも楽しく拝見しております。
このライオンの子殺しも、自らの子孫を残すために必要なのことなのかも知れませんが人間社会から見ると残酷ですね。また、普段のんびり昼寝ばかりしているオスライオンの映像しか見ていませんが、この様な厳しく短命な生涯が待っているとは・・・これが野生の厳しさなのでしょうね。

2012-09-10(月)20時41分54秒|URL|やっさん #-|編集Λ

>ゆうさん、やっさん
動物が可愛い、美しいというのは、実は生き物のほんの一面を見ているに過ぎません。野生動物と人間との間には深い闇が広がっています。野性の世界の住人と人間は、本来友達になることはできません。野性の世界は人間の善悪や美醜の観念のはるか向こう側に存在しているからです。しかし、だからこそ野性の世界は深く神聖であるのだとおもいます。我々日本人を含め、古の人々はそのことを感覚的に理解していました。それが『畏れ』というものなのでしょう。

2012-09-10(月)23時16分27秒|URL|T.F. #wn30Z4SU|編集Λ
哀れ

野生でライオンはおそらく繁栄していない種といえるでしょう。しかしながらあまりにも哀れな性というほかありません。ある番組でライオンの子殺しとアイガモなど鳥類が自分の子供以外の面倒を見ることをDNAの利己性ということで同一視していました。自分のDNAを残す手段としてそれぞれの生物の特性を反映した手段なのでしょう

2014-04-16(水)16時12分53秒|URL|k6 #ILWriQ6E|編集Λ
Re: 哀れ

> k6さん
人類が台頭する前まで、アフリカのみならずユーラシアから南北アメリカ大陸まで、世界の生態系の頂点に立つまさに百獣の王でした。天敵が居ないと言っても、土地面積あたりに棲むことができるライオンの数は限られています。結果種内での競争に勝つことが生き残りのために最も重要な要素となりました。ライオンと同じく天敵の居なかったゾウは単純に出生率が非常に低くなっています(約4年から9年に一子)。

2014-04-16(水)17時10分24秒|URL|福井智一 #-|編集Λ
コメントの投稿
  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL: http://africanwildlife.blog.fc2.com/tb.php/108-9cc91ef9

profile

福井智一

Author:福井智一
ケニアにて野生生物保護の仕事をしていました。
日本においてもアフリカの野生動物を守る活動を続けていこうと考えています。
ケニア各地で撮影した写真を通じて、アフリカの大自然の魅力をお伝えします。
画像の無断転載は固くお断りします。ご利用になりたい方はコメント欄より連絡お願いします。
本ブログはリンクフリーです。リンクはご自由にどうぞ。
本ブログに掲載された写真を販売しています。下のバナーからどうぞ。

SDIM0741-1.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

動物写真 ブログランキングへ

↑ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると励みになります。

freearea

category
未分類 (1)
ゾウ (14)
マサイキリン (8)
ペリカン (3)
バッファロー (2)
セーブル (3)
サバンナモンキー (3)
フラミンゴ (2)
ライオン (13)
イボイノシシ (4)
シマウマ (6)
カバ (3)
ハイエナ (3)
ハイラックス (2)
シロサイ (3)
カワセミ (8)
エランド (1)
ハタオリドリ (6)
ジャッカル (1)
ハーテビースト (1)
クロシロコロブス (3)
トムソンガゼル (1)
アガマ (2)
風景 (4)
ウォーターバック (2)
ディクディク (2)
ブルーモンキー (1)
ダチョウ (3)
チーター (3)
ヌー (5)
海洋生物 (7)
昆虫 (9)
ワニ (1)
サギ (4)
ヒョウ (2)
インパラ (3)
ワシ・タカ (23)
グラントガゼル (2)
マングース (4)
鳥:その他 (1)
ウガンダキリン (2)
トピ (1)
カンムリヅル (3)
ハチクイ (9)
リス (4)
ムクドリ (5)
ブッシュバック (1)
オオトカゲ (3)
トカゲ:その他 (4)
サバンナヒヒ (2)
ブッポウソウ (3)
ノガン (1)
オウチュウ (1)
フィンチ (10)
キツツキ (1)
コウノトリ (5)
ヘビ (3)
トキ (1)
サイチョウ (7)
モズ (1)
ウミガメ (1)
タイヨウチョウ (7)
ケリ (3)
フクロウ (3)
セキレイ (3)
ツグミ (1)
ネズミドリ (1)
アマツバメ (1)
スズメ (1)
キヌバネドリ (2)
ヒタキ (2)
ガン・カモ (2)
セッカ (1)
オオミミギツネ (2)
ホロホロチョウ (2)
カメレオン (1)
ヤブモズ (4)
サーバル (1)
リードバック (1)
クドゥ (2)
ゲレヌク (1)
インコ・オウム (1)
エボシドリ (1)
ハト (1)
レンカク (1)
ゴシキドリ (4)
ムシクイ (2)
ウサギ (1)
オリックス (1)
ハヤブサ (3)
リクガメ (1)
シャコ・ウズラ (1)
アミメキリン (1)
カッコウ・バンケン (1)
ツバメ (1)
サケイ (1)
ネズミ (1)
ヒバリ (1)
カモメ (2)
シギ・チドリ (1)
モリイノシシ (1)
ジャコウネコ (1)
クリップスプリンガー (1)
クイナ (1)
クロサイ (1)
entry
comment
trackback
archive
rss
form
link
qrcode
QR
copyright
Author by 福井智一

Designed by マンゴスチンw

アフリカで野生動物を撮る